The Day Spa HOME
ユーザー
絞り込む
LINEUP
BRAND
コンテンツ
  • ホーム
  • ジャーナル18 身体冷えていませんか?今日から始められる簡単温活!

身体冷えていませんか?
今日から始められる簡単温活!

秋も深まり、寒さが身に染みる季節となりました。寒くなってくると気になるのが、女性の大敵、冷え。「冷えは万病の元」という古くからの言葉があるように、身体の冷えは様々なことに影響します。今回は身体を冷やさない為の「温活」にまつわるお話です。
身体が冷えると血流も悪くなり、心もぼんやりと沈みがちに。身体の芯から温かく血流をめぐらせることで、心身共に温かく、エネルギーに満ちた毎日を過ごしましょう!
日常生活の中で簡単に身体を温める方法、それはずばり「入浴」です。
いつもさくっと浸かるだけだったり、シャワーで済ましてしまう...という方も、お休みの日にはまるでスパで時間を過ごしているかのように、ゆっくりと入浴する時間をつくってみてください。

リラックスしたい時は、38度前後の少しぬるめのお湯に20〜30分程入浴することがおすすめ!お気に入りのバスソルトやバスオイルでお好きな香りをまとうことでリラックス効果もアップ。また、温浴効果を高める入浴剤を使うことで、身体の温もりもより持続します。

ゆっくりと湯船に浸かる日はお気に入りのキャンドルを持ち込んでみても。キャンドルの火のゆらぎは1/fゆらぎと言われ、見ているだけでリラックス効果が期待できると言われています。火の揺らぎを見ながら何も考えずにぼーっと時間を過ごすだけでも、心がじんわりとぬくもってくるはずです。(※耐熱容器の上等に置いて、換気、火傷、後始末等に注意しながら楽しんでくださいね。)

1/fゆらぎ・・・人間の生体は五感を通して外界から1/fゆらぎを感知すると、生体リズムと共鳴し、自律神経が整えられ、 精神が安定し、 活力が湧くと考えられている。出典:1/fゆらぎ - Wikipedia
足先や手先が冷えているけど、いつものことだしそのまま放置していませんか?
昔から「3首温めろ」という言葉がありますよね。3首とは、首、手首、足首のこと。いずれの場所にも太い血管が通っているので、ここを温めることで血流がよくなり全身がめぐりよく温まるといわれています。

また、スパではお腹やお尻周りが冷えている女性が多くいらっしゃいますが、ご自身でもあまり気付いていないといったケースも少なくありません。お腹やお尻周りが冷えていると、女性特有のPMS(月経前症候群)や生理痛やひどくなってしまうことも。
ご自身で触って冷たい!と感じる時は、カイロや温活アイテムを使って温めたり、ストレッチやマッサージなどで血行を良くしましょう!
身体を温める食生活を取り入れる事も温活では必須です。毎日のライフスタイルにすぐ取り入れることができること、それは朝、目覚めの一杯に白湯を飲むこと。内臓から温めることで1日の活力をアップさせてくれます。
その他にあたため食材の代表格は「しょうが」です。身体を芯から温める食材として有名ですよね。スープやお茶にささっとすりおろすだけでプラスできる温め食材の「しょうが」でぽかぽかと温まりましょう。
その他にも、身体を温めて、冷えなどによるむくみを解消する方法があります。それは「筋肉量を増やす、落とさない」事。筋肉は血液を押し上げるポンプの役割があり、特にふくらはぎは第2の心臓とも言われ、下半身の血液を心臓に向かって押し流す役目をしています。体液の循環や体温等を正しく保ち、老廃物を排出する働きのひとつを担っています。
筋肉量が増えることで、代謝がよくなり身体も冷えにくくなります。
ご自身の筋肉量などを計測し、適度に運動をして筋肉を増やすことも冷え知らずへの第一歩なのです!
いかがでしたか?まもなく冬本番!寒い冬でもあたたかなパワーみなぎる身体と心で、おおらかな気持ちを手に入れて毎日を楽しみましょう!「冷えはいつものことだし...」と放っておかずに、今年の冬は温活を始めてみてくださいね!

次回は、The Day Spa HOME 選りすぐりの温活アイテムをご紹介致します。
SPAトリートメント中にも使用している人気の温活アイテムたち、是非お見逃しなく!
次回ジャーナル掲載日は2021年10月26日(金)を予定しています。