ナイトクリームシロ購入で、ボディオイルプレゼント中!
The Day Spa HOME
PRODUCT
コンテンツ
ユーザー
  • ホーム
  • ジャーナル36 どうやって選んでいる?シーン別UVケアアイテムの選び方

どうやって選んでいる?
シーン別UVケアアイテムの選び方

紫外線が気になる季節がやってきましたが対策はされていますか?
日常生活や屋外での運動、この夏楽しみなレジャーなどで紫外線から肌を守りたい。でも、どのUVケアアイテムがベストか分からない。
そんなあなたに、ライフスタイルに合ったUVケアアイテムの選び方をご紹介します! SPFとは肌の赤みなど表面に影響を及ぼす、UV‐Bをカットする時間のことです。
UV‐Bの影響が肌に現れるまでにかかる時間は15〜20分です。
SPFの数値に15〜20分をかけることで、肌に影響が現れるまでの時間をどれだけ引き延ばせるかが分かります。

?SPF25の場合:SPF25×15〜20分=375〜500分(約6時間〜8時間)
?SPF50の場合:SPF50×15〜20分=750〜1000分(約12時間〜16時間) PAとは、肌の奧まで浸透し、しみやたるみを引き起こすUV‐Aをカットする力の大きさを表します。 PAの「+」が多いほどUV‐Aを防ぐ効果が高くなっています。
UVケアを選ぶ時、ついついSPFの数値や、PA+が多いものを手にとりがちではないでしょうか。もちろん数値が大きいほど紫外線を防ぐ効果は期待できますが、肌への負担が大きくなるといわれています。 特に敏感肌の方や、体調不良などで肌がゆらいでいる時には注意し、強さではなくライフスタイルやシーンに応じて使い分けすることをおすすめします。

【シーン別】

●SPF10、PA+〜++|ちょっとしたお買い物や散歩などの日常生活
●SPF25、PA++〜+++|屋外での活動や軽いスポーツ
●SPF50、PA+++〜++++|炎天下でのレジャーやマリンスポーツ
1〜2時間程度の外出であればSPF10でもプロテクト効果は充分だと考えられます。
日常生活用とレジャー用、2本持っておくと心強いですね。 いかがでしたか?UVケアは今だけではなく、未来の肌を守るためにとっても大切です。
自分に合ったUVケアでこの夏を楽しみましょう!
LINE