The Day Spa HOME
ユーザー
絞り込む
LINEUP
BRAND
コンテンツ
  • ホーム
  • ジャーナル12 デリケートゾーンケアで引き出す内側から輝く女性の美しさ

デリケートゾーンケアで引き出す
内側から輝く女性の美しさ

顔や身体のスキンケアと同じように海外では当たり前になっているデリケートゾーンケア。女性にとっては美容や健康を保つうえで、大切なケアのひとつとして注目されています。
いつまでも若々しく生き生きとした輝きのあるライフスタイルにマストな、デリケートゾーンケアについてお話しします。
デリケートゾーンはその名の通りデリケートな場所。形状が複雑で汚れがたまりやすく、肌の一部なので当然乾燥もします。それに加え下着やナプキンなどによる摩擦で、ムレ、かゆみ、炎症が起こりがち。年齢を重ねるごとにくすみやハリの低下も顕著に感じられることも...。
だからこそ、まるで顔を美しくケアするかのように、専用のソープやオイルを使って丁寧にケアする必要があるのです!
皮膚の厚さが0.08〜0.16ミリとまぶたよりも大変薄く、経皮吸収率は腕を1とすると、約40倍というデータもあるほど。 また、膣内は「自浄作用」といって外的要因から守るために酸性に保つ作用があるので、デリケートゾーンも顔や身体よりもpH値が低め。
清潔に保とうと洗浄力の強いソープなどで洗ってしまうと、その自浄作用も乱れトラブルをもたらしやすくなります。 そうならない為に、デリケートゾーンに合わせた弱酸性のソープで洗ったり、自分自身がもつ自浄作用を保ちながら、肌環境を美しく整えることが大切になります。

※経皮吸収・・・物質が皮膚を通して体内に吸収されること
デリケートゾーンケアに時間をかけることはめんどくさく感じることもありますが、センシティブな場所だからこそ、その分のメリットもたくさんあります!

・ケアした分だけ心も身体もきれいになれる。
・自分の身体に向き合うきっかけになり、トラブルの早期発見につながる。
・毎日清潔にすることでトラブルを予防できる。

ケアをしてデリケートゾーンを清潔で心地よく保つだけでなく、自分自身を大切に、丁寧に扱っているという幸福度アップにもつながるのではないでしょうか。

忙しく頑張りすぎる女性が、少しでも心地よく私らしく過ごすためのデリケートゾーンケア、始めてみませんか?

次回は10月15日(金)、「デリケートゾーンを習慣に。生活習慣から見直して自分磨き!」
デリケートゾーンのケア、洗い方についてお伝え致します!